(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-7193156345933834", enable_page_level_ads: true });

貧血について

貧血とはざっくり言うと、体内のヘモグロビン濃度が下がり組織の酸素化が足りていない状態である。

 

原因は様々で出血により実際に血が失われている場合、ヘモグロビンの産生が滞ってある場合、ヘモグロビンの破壊処理が更新してしまってある場合、あるいはヘモグロビンに問題があり酸素化がうまくいかない場合などなど。

 

ヘモグロビンは肺から入ってきた酸素と結合して、血液の中を運ばれて体の組織に酸素を運搬する役割を担っている。

 

よく血が足りていない状態とおもわれていて、何らかの原因により立ちくらみを起こした場合はたいてい血の塊であるレバーなどの食品を食べるように促されることがよくある。しかしこれは必ずしも正しくはないわけである。

 

いつも血が足りていないわけでなく、どの場合にも言えるのが酸素が体の隅々まで行き渡っていないわけである。

 

女性では、月経のために毎月血が失われるために男性に比べて出血性の貧血が起こりやすい。

 

そのため比較的、男性に比べて閉経前の若い女性に多いと言える。

 

また体の栄養が足りていないことも貧血になりやすい要因となるため、痩せ型では男女ともに貧血になりやすい。

 

また消化管などのがんではお尻から血が出る下血が起こりやすい。そのため、中高年者の原因不明の貧血では血液や消化管のがんの鑑別、MRIなどでの体の他の場所に病変がないかの全身検索が重要である。

 

その場合、原因不明の長引く熱や全身倦怠感、体重減少がないかのチェックをする必要がある。これらはよくがん患者でみられるためである。

 

症状があまり明らかでなく自分では気づきにくいことも考えられるため、定期的な検診を受けることが勧められる。

 

また心当たりがある場合は早めに医師に相談する必要がある。

 

多くのがんは治すことができる時代であるといわれ、日々新薬が作り出されている。

 

しかし、がん治療で未だ多くの場合第1選択とされているのは症状が進む前のできるだけ早い段階での手術である。

 

手術で病変を取り切ることができれば、再発の心配はかなり低くなると思われる。

 

医師に身体を切られるという患者さんの恐怖心や術後の管理などの問題はあるものの、抗がん剤放射線治療などの重度の副作用から解放されるのは大きな利点である。

 

また手術が治療方針として選択された場合も、手術前後のがん病変の管理に他の治療がトッピングとして加えられる場合もある。

 

術前に化学放射線治療を行なった場合、病変部を小さくできる。

 

また術後に化学放射線治療を受けて再発のリスクの減少も期待できる。

 

がん治療は2本3本の柱によって支えられており、どれが他より優れていると言う話ではないので、患者さんのニーズに合わせてケースバイケースで適切に施される必要がある。

 

たかが貧血と考えず、おかしいと思ったら早めに最寄りの医師に相談することが大事であると言える。

 

今週末いよいよイオンでブラックフライデー。

f:id:purupurumaruchan:20161123232945j:image

 

全国のイオンでブラックフライデーが今週末開催されます。

 

ブラックフライデーとは、アメリカの文化であり、11月の最終の週末に行われるスーパーやショッピングモールの特売日のことです。

 

安売りに惹かれた人々が集まって遠くから見ると真っ黒に見えるほどだからその名前がつけられたらしいです。

 

日本では初上陸となるブラックフライデー

 

ハロウィンと同じように日本の文化に定着するのでしょうか。

 

そしてきになる安売りの内容とは。ぜひ足を運んで確かめて見たいと思います。

ボジョレーヌーヴォー解禁

f:id:purupurumaruchan:20161119235137j:image

 

今週11月17日木曜日午前0時、ボジョレーヌーヴォーが解禁されました。

 

居酒屋やスーパーなどもはや日本人にもお馴染みとなりつつありますが、ワインの入門編として初心者から、またその年の好みのブランドの新酒を楽しみたいワイン愛好家にまで親しまれるようになりました。

 

1000円くらいで買える手頃なものから、知る人ぞ知るブランドものまで幅広く今年の新酒が出回っています。

 

わたしもさっそくセブンイレブンで売っていたので買ってみました。

 

2本で4000円以上とそこそこしましたが、今年もフレッシュなブドウの味が楽しめるのではときたいしています。

 

ビールでもボジョレー!?プレミアムモルツ初摘みヌーヴォー

f:id:purupurumaruchan:20161118220943j:image

 

11月といえば毎年その年のブドウで作ったワインの新酒、ボジョレーヌーヴォーは日本でもお馴染みとなりました。

 

しかし、サントリーからまたまたプレミアムモルツの新作が発売されました。

 

2016年に収穫された世界最高級ポップであるチェコのザーツ産のファインポップで作られた今だけ限定のプレミアムモルツです。

 

さっそく試して飲んでみました。

 

新茶のような軽い感じの飲み口に続いて、さわやかな苦味が口に広がります。ゴクリと飲み干せば喉を通るすっきりとした飲みごたえ。飲むたびにまたすぐに次が飲みたくなり、1本飲み終えるのがあっという間でした。

 

先月発売されたシャンパーニュに勝るとも劣らないすばらしい洗練された味でした。

 

セットで購入したのですが、すぐに無くなりそうなのでまた買いに行く必要がありそうです。

 

ボジョレプレモルには通常バージョンと香るバージョンの2つがあり、どちらも美味しかったです。

 

夜の晩酌が楽しみです。

 

スーパームーン

スーパームーンとは、地球を楕円軌道で回っている月が地球にもっとも接近した時で、かつ月が満月である時のことらしいです。

 

本日11月14日にスーパームーンが見られますが、今回ほど大きく月が見えるのは68年ぶりだということです。

 

この機会にぜひと写真に収めてみたかったのですが、あいにくの曇り空。夜は雨も強く降り始めら始末。

 

今度スーパームーンを見ることが68年後になるかもしれません。笑

博多陥没!

道路で事故というと誰しも交通事故を思い浮かべると思いますが、今回は違いました。

 

8日早朝、福岡県福岡市のJR博多駅前の道路の交差点付近で起きた事故では、縦20メートル、横20メートルに渡り道路が陥没し、穴の深さも10メートル以上という大穴が現れました。

 

市営地下鉄の延長工事が関係しているかもしれないというこの事故ですが、停電、交通の障害周辺店舗の営業不可能による損失などを起こした。

 

14日の道路再建が終わった後でも完全復旧のめどが立たないという大事故にも関わらず、死傷者ゼロというのは不幸中の幸いといったところかもしれません。

どうなる?トランプショック

2016年のアメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ氏が選ばれて一夜経ちました。

 

誰もが予想しなかった結末だけに、世界は混乱に揺れています。

 

選挙前にマスコミは故意にトランプ氏への圧力をかけていたように感じます。

 

トランプ氏の女性蔑視かのような過去の発言を連日しつこいほどに取り上げ、氏のネガティヴキャンペーンを行い、過去の問題発言に加えてさらなるバッシングの材料として攻勢を強めていました。

 

確かに発言は行き過ぎでしたが、発言の行われたのが何年も前のことでした。そして直接今回の大統領選挙とは関係ない、プライベート時での発言であったこと、また発言の前後の会話の内容が切り取られていて視聴者が知り得ないために、どのような状況だったのか分かりかねます。これは氏への評価を下すのには不十分に感じます。氏への個人攻撃とも言える報道内容はあまりにも大げさに扱われていて違和感を覚えました。

 

また、ヒラリー・クリントン氏の私用メールを公務に使った問題も機密情報を扱う上でセキュリティ的に問題があると取り上げていました。

 

しかしヒラリー氏へのマスコミのバッシングはトランプ氏のものと比べて扱いが軽く、トランプ氏への個人攻撃とは比べ物にならないほどでした。国家間の安全保障上、機密情報を漏らしかねないこのようなヒラリー氏の姿勢は一国を背負う大統領としてはふさわしくないことは、現在要職にない人物に不当に情報を教えたとして問題になっている韓国大統領のパク・クネ氏のことで明らかです。

 

一個人の女性観より機密情報漏洩の方が重大なのは火を見るよりも明らかです。マスコミの偏向報道には不信感すら感じました。

 

しかし今回マスコミの、また多くの選挙予想を覆す形でのトランプ氏の勝利。氏の個人的価値観や過去の発言が多くの人を不快にしたり、不安な気持ちにさせたことは問題であるのは言うまでもないですが、マスコミが中立を守る報道姿勢を貫かなかったこともまた問題であると感じました。

 

混乱は続きますが、わたしたちは結果を受け止め、前に進まなくてはなりません。

 

トランプ氏がどのように動くのか、世界が固唾を飲んで見守っています。