読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうなる?トランプショック

2016年のアメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ氏が選ばれて一夜経ちました。

 

誰もが予想しなかった結末だけに、世界は混乱に揺れています。

 

選挙前にマスコミは故意にトランプ氏への圧力をかけていたように感じます。

 

トランプ氏の女性蔑視かのような過去の発言を連日しつこいほどに取り上げ、氏のネガティヴキャンペーンを行い、過去の問題発言に加えてさらなるバッシングの材料として攻勢を強めていました。

 

確かに発言は行き過ぎでしたが、発言の行われたのが何年も前のことでした。そして直接今回の大統領選挙とは関係ない、プライベート時での発言であったこと、また発言の前後の会話の内容が切り取られていて視聴者が知り得ないために、どのような状況だったのか分かりかねます。これは氏への評価を下すのには不十分に感じます。氏への個人攻撃とも言える報道内容はあまりにも大げさに扱われていて違和感を覚えました。

 

また、ヒラリー・クリントン氏の私用メールを公務に使った問題も機密情報を扱う上でセキュリティ的に問題があると取り上げていました。

 

しかしヒラリー氏へのマスコミのバッシングはトランプ氏のものと比べて扱いが軽く、トランプ氏への個人攻撃とは比べ物にならないほどでした。国家間の安全保障上、機密情報を漏らしかねないこのようなヒラリー氏の姿勢は一国を背負う大統領としてはふさわしくないことは、現在要職にない人物に不当に情報を教えたとして問題になっている韓国大統領のパク・クネ氏のことで明らかです。

 

一個人の女性観より機密情報漏洩の方が重大なのは火を見るよりも明らかです。マスコミの偏向報道には不信感すら感じました。

 

しかし今回マスコミの、また多くの選挙予想を覆す形でのトランプ氏の勝利。氏の個人的価値観や過去の発言が多くの人を不快にしたり、不安な気持ちにさせたことは問題であるのは言うまでもないですが、マスコミが中立を守る報道姿勢を貫かなかったこともまた問題であると感じました。

 

混乱は続きますが、わたしたちは結果を受け止め、前に進まなくてはなりません。

 

トランプ氏がどのように動くのか、世界が固唾を飲んで見守っています。